裁判を起こして旦那の浮気相手から慰謝料を請求!

【登場人物】

  • 当時の自分→34歳
  • 当時の旦那→35歳
  • 当時の旦那の浮気相手→28歳

 

事の発端は、旦那が家に帰ってくるまでの時間が、最近遅いことが続いているなと感じたことがキッカケでした。
もしかして、「あなた浮気しているでしょ?」と、仕事帰りの旦那に対して直接聞きづらかったかので旦那がお風呂に入っている時に、コッソリLINEを見てみる事にしたのです。

 

旦那は、スマートフォンにロックするような人ではないので、難なく旦那のLINEアカウントを見る事ができたのですが、ある女性だけLINE通知の量がひと際多いことに気が付きました。

 

\新規会員登録200円OFFクーポン/

 

女性とのLINE内容を観てみると

 

 

今度、ゆっくり旅行に行きたいね♪


 

 

そうだね、何とか時間作ってみるよ!


 

と、旦那と頻繁に会話をしている、この女性のトーク内容をさかのぼり見てみたところ、会社の同僚の女性だという事が分かりました!

 

というのも、会社の同僚に対しての話題が2人の間で上がっていたことが、この女性の正体を知るキッカケとなりました。
この時の私の心境としては、旦那の裏切られた気持ちと、この女性に対してとてつもない憎悪感という物を抱かずにはいられなかったのです。

 

【PR】探偵・興信所不要!旦那の浮気調査を自分で行う方法

 

旦那に女性との関係を問い詰める!

 

浮気を確信した私は、お風呂から上がってきた旦那に若干悪いと思いつつもスマートフォンをかざして、この女性について問い詰めました。
旦那は、私同様に多少気が強い性格で、私が勝手にスマホを観たことに怒鳴り散らしたものの、すぐに話題は浮気女性の話へ!

 

夫は、会社の同僚女性とラフな会話をしていただけだと言い訳を始めますが、私はLINEの内容から旦那がこの女性とホテルに行ったことや、旅行に行く約束をしていたことを知っていました。
これらの証拠は、LINEトークを遡り確認したことであり、LINEの会話は設定を行わなければ基本的には消すことができず、これでは旦那も言い逃れもできません!

 

旦那に浮気を問い詰めるだけでは気が済む訳もなく、今回は会社の同僚の女性との浮気なので、双方を巻き込んで裁判を起こして、もう二度と浮気をさせないように証拠をかき集めました。

 

浮気女性に裁判を起こして訴えた

 

私は、裁判を起こし夫の浮気女性の事を訴える事にしたのです。
結果としては、旦那と離婚を行わず、これからも夫婦関係を続行するという形に落ち着き、女性からは60万円の慰謝料を受け取るという事になりました。

 

もちろん、夫はこの女性との関係は、今後一切社外社内での会話は厳禁ということになり、今では夫は私に対してあまり強い言論をするという事もなくなりました。
ですが、私は夫に浮気をされたという心の傷が裁判を通しても言える事がなく、夫を満足させてあげられなかった自分に、今でもひどい嫌悪感を感じています。

 

結婚6年目の現在なのですが、この短い結婚機関で浮気を行わせてしまった、私の力量が足りていなかったのではないかと、現在でもひどい後悔に苛まれています。

 

管理人コメント

 

 

さすがに会社の同僚との浮気は、旦那さんの考慮が足りないね~。

 

奥さん、長い裁判だったかもしれないけどお疲れ様でした♪


パートナーの浮気チェック

お金を掛けずに証拠集め方法BEST3!

  このエントリーをはてなブックマークに追加